おうちがイチバン

アイーン顔のまめ蔵と、お喋りな妹の茶々が送る、やさしくてあたたかい毎日♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

一分間だけ 

お友達のりんこさんにお借りした本です。




本






この本は、実話ではなくて小説なのですが


作者の原田マハさんは


かなりの犬好きなのだろうと思います。








まめ茶







小説の主人公の女性は


同棲していた男性と一緒に犬を飼いはじめます。







やがて彼と別居し


犬は懐いていた主人公の女性が引き取るのですが。。。















読んでみて、改めて


犬と一緒に生活することの責任や


犬の幸せについて、考えさせられました。







そして、私が思ったのは




兄妹




きっと、何でもない


「いつもどおり」の毎日が一番の幸せなのね。




家族がそろっている、


みんなが笑ってるリビングが


あなた達のいちばん好きな場所なのね。





・・・ということ。





まめ蔵




どこかにお出かけしても


どこにも行かなくても。





そこに、大切な人が笑っていれば


それだけで幸せなんでしょう。




兄妹







誰かが欠けただけで


あなた達は、さみしい。






言えないけど、


悲しくて仕方がないんだよね。









ごく当たり前のことだけど、



決して忘れずにいたいと思いました。













簡単なことのようだけど、


様々な家庭の事情で、


犬を手放す人も世の中にはいます。






「事情」で、片付けてほしくはないけれど・・・








「犬を手放すなんて絶対にしない!」

「捨てたりする人の気持ちが分からない!」









と言うのは簡単だけど。。。

















でももし、






自分や家族が


大きな病気になってしまったら?



家庭の大黒柱が


リストラにあったら???









人生には色んな予期せぬことが


起こるかもしれません。







兄妹





かんたんなようで


「変わらない」のを維持するのは、とても難しい。







だけど、



どんなに苦しいことがあっても






パパと一緒にこの子達の生活を


守って生きていきたいと、改めて思いました。












にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます♪




りんこさん、ステキな本をありがとう。





スポンサーサイト

この記事に対するコメント

実に興味深い本だね。
しかも写真のまめ蔵&茶々の表情が
とってもステキ☆

アタシも最近思うのよ~
もしアタシが病気になったら?
もし働けなくなったら?とかね
はじめに思い浮かぶのは
あんずとらいむのことなんだから
わからない人から見たら滑稽かもしれないけど。。。
だから、明日は人間ドックを受けに行くよ~
ヤダヤダ、いきたくな~い(涙)

みっちゃん #- | URL | 2009/07/27 11:44 * edit *

お久しぶりです。
凄く読んでみたくなりました、この本。
それに、まめ蔵ママさんの言葉、凄く共感できます。
何が起こるかわからない世の中ですからね。
うちも改めてちゃんと守っていこう!って思いました。

タイニーパパ #pxKePtJU | URL | 2009/07/27 12:38 * edit *

早速amazonで購入しました。
まめ蔵ママさんの文章と写真がすごく引きつけられて
私自身がどう感じるかすごく読みたくなりました。
ほんと維持する事って簡単なようで難しいですよね。
今の何気ない毎日に感謝しないといけないなと考えさせられました!
素敵な本教えて頂いてありがとうございます!
本が届くの楽しみです!

mai #- | URL | 2009/07/27 13:52 * edit *

この本 私も読んだけど
考えさせられる本だったよね。
動物を飼うことには
ちゃんと責任を持ちましょうっていうのは
もちろん分かってるけど
いつ何時 何が起こるかわからないもんね。
動物を捨てるってことは
もちろん悪いことだし
そういう人のは
かなり非難する私だけど
もし 自分が飼えなくなってしまったら。。。と
そういう恐怖には いつも怯えてる気がするの。
うちは6品という大所帯だから
さらに怖いって思ってる。
毎日一緒にいることが当たり前になってるけど
それでも こういう恐怖が
いつ起こるか分からないっていう気持ちだけは
いつも忘れないようにしようと思っています。

けめこ #Mz6Hkt2A | URL | 2009/07/27 15:12 * edit *

リラックスした雰囲気のまめ蔵くん&茶々ちゃん。
とても幸せそうにみえます。
人生何が起こるか分からないけど、
初めてお家に迎えた時の喜びを
いつまでも忘れてはいけませんよね。
私もテンとの生活を大切にしていきたいと
改めて思いました。
ありがとう、まめ蔵ママさん!

kopero #- | URL | 2009/07/27 18:22 * edit *

なんか泣けてくるぅ~
ちょっと違うかもしれないけど、普通っていうのが一番難しいんですよね
なんか泣けてくるぅ~。
人生何が突然起きるかわかんないですからね
一日一日を大切に過ごします

クーマコ #- | URL | 2009/07/27 18:57 * edit *

普段はあまり考えないようにしてたんだけど、
今のこの時代、ホント何が起こるか分からない。。
自分達が病気になったり、食べていくのに精一杯になったら、
面倒を見られなくなるかもしれない。。
改めて色々考えてしまった☆
でも、その時はその時!
今、側にいるワンコたちが幸せと感じてくれるように
毎日を送りたいなぁと思ったよ!!


ハイジ #- | URL | 2009/07/27 19:11 * edit *

興味あるなぁ、この本。
ちょび子さんが紹介していた本も読みたいんだけど
マイナーなようで本屋には無かった(^^;;
私もブン太の為にも、健康で居なきゃ!!って思うのよ。
ダンナにも健康診断受けさせなきゃ!!
それに・・・夫婦仲良くね(^^)


ブン太ママ #- | URL | 2009/07/27 19:37 * edit *

考えさせられる内容ですね。

我が家にはももとはながともに半年で来ましたが
ももは食が細くて元の飼い主さんが兄弟で
食欲旺盛な子に食事が食べられてしまうんじゃないと
心配で里親募集で、我が家にやってきました。

はなは子供が生まれるからと手放された子です。

どちらも我が家では大切な子達ですが
はなを飼っていた人はどう思っていたのか
信じられなくなります・・・。

飼い主は犬を選べても、わんこは飼い主を
選べませんからね。

写真のまめ蔵くん茶々ちゃんを見てると
わが子は大切なのが伝わってきますね(^-^)

なゆぱぱ #- | URL | 2009/07/27 21:45 * edit *

いい本ですよねぇ。
原田マハさんの本は他にも好きなものがあるのですが、
ダントツ好きな本に入っています。

犬本は何冊か読んではいるのですが、
この本、小説だからの突っ込みたいトコはあるんだけど、
それを差し引いても、最後まで一緒にワンと暮す意味を
深く深く考えさせられた号泣の一冊でした。

ちょび子 #- | URL | 2009/07/27 22:09 * edit *

なんだか涙が出そうでした。

そうですよね。
今の時代、何があるかは分からない。
誰だって、最初から手放すかも…なんて気持ちで迎えたりはしないですもんね。

ワンコは家族の誰かがいなかったり、喧嘩したりすると、とっても悲しそうな顔をするといいますよね。
言葉は違っても、状況は理解出来るし、きっと何かを伝えたいんですよね。家族の全員を愛しているって。
ワンコは、誰が飼い主であっても、その飼い主を選ぶ事なく無条件に愛する。それってスゴイ事だと思います。
だからこそ、その愛情を私たちはきちんと向き合い、受け止めないといけないなぁと思っています。
とっても短い一生ですもんね。

ステキなお話を紹介して下さった、まめ蔵ママさんありがとうございます。

nokko #- | URL | 2009/07/27 22:52 * edit *

私も早速、Amazonで購入しました。


私は以前、体調を崩して(精神的にも…)三太を生後4ヶ月~8ヶ月まで友達の家に預かってもらった事があります。


預けに行ったその日三太の悲しそうな顔を忘れる事が出来ません(泣)


今でも三太の寝顔を見てると後悔せずにはいられません。


まめ蔵ママさんの言う通り、どんな事があっても手放してはいけませんね!


私も若くないので、三太よりも早く逝くかもしれないので一人息子に遺言しておくつもりです(邪険にしたら化けて出ますアハハ…)


本が届く日を楽しみにだなァ~

三太ママ #- | URL | 2009/07/27 22:53 * edit *

そうですね、私も同じ気持ちです!!
自分の生活の中で何が起きるかわかりませんもんね。
でも、でも、今の生活がず~っと続きますように・・・
この本今度読んでみようかな!!

むう #- | URL | 2009/07/27 23:16 * edit *

こんばんわ。

ボクも一緒のことを思っています。
普通の生活を送ること、これが一番幸せで大切ですよね。

ドッグトレーナーと初めて話したとき、
犬とどういう生活がしたい?って聞かれたんですが、頭に浮かんだのは、
ランで遊びたいとか飼い主の勝手な願望ばかり。汗

答えは人によって違うと思いますが、トレーニングを進める中で
一番大事なのは普通の生活ができることだって気づきました。

まめ蔵ママさんの記事を読んで改めて強く思いました。
ありがとうございます!笑

勝手に感謝して気もいって言わないで下さいね。笑

ぴのまま #- | URL | 2009/07/28 01:23 * edit *

私もこの本読んでみたいな。
普通の生活を送るのは当たり前のことで
普通の生活を維持することが
大変だなんて思ってなかった。
言われてみればこの世の中いつどうなるかなんて
わからないもんね。
我が子にどんなに愛情を持っていても
手放さなきゃいけない事態が起こるかもしれないなんて
考えたことなかった。
これからはそんな事態が起こらないよう
普通の生活を維持できるように頑張ります。
そんな大切なことに気付かせてくれてどうもありがとう!!

ナナミュウモ #- | URL | 2009/07/28 02:05 * edit *

たぶんあたしは主人公と似たような職業だったり
仕事から遅く帰ってきて、暗い中の散歩だったりで
似たようなところがあり、自分とだぶって入り込んだよ。
たまに「飼えなくなる状況」ってやつを旦那と
話すときあるし、もし離婚(苦笑)ってなったら
親権はわたしよ!とか言ってるしわたし(爆)

りんこ #- | URL | 2009/07/28 07:08 * edit *

朝から涙が出てしまいました・・・。

私、旦那と喧嘩するとすぐ離婚してやるって思うんです。

でもうめが旦那の事、かなりloveなので、うめのこと考えると離婚なんかしちゃったらかわいそう!って思っていつも踏みとどまってます。自分勝手な気持ちで離婚を考える私もおこちゃまなんですけどね。

でも、動物の飼育を放棄するのって、離婚を含め、人間の身勝手な行動ですよね? 

この記事を読んで、うめをもっと大事にしてやらねばと強く思いましたよv-416

まめ蔵ママのブログは毎日更新されてるから、たまにしかコメントできないけど、とっても面白くて、しかも涙ありと、毎回とってもたのしく拝見させてもらってます!
これからも楽しみにしてまっせ!

コメントながくなっちゃった!

かあちゃん #pamUQ3n2 | URL | 2009/07/28 10:32 * edit *

うんうん、2匹にとっても幸せは、家族みんなでず~っと一緒にいることなんだよね~(*^∀^*)
ワンコの人生は人間より断然短いから、その分、濃密で楽しい時間を作ってあげないとね(^^)9

昔、いつでも会えるって絵本読んでさ、大好きな人がいなくなる辛さって、人も動物も一緒なんだな~って思ったんだよね。
だから、みんなで楽しく、たまには喧嘩をしつつ、少しでも長く一緒に過ごせるようにしないとね~♪

マメママ #- | URL | 2009/07/28 11:24 * edit *

みっちゃんへ

人間ドッグ、おつかれさま。
みっちゃんのコメント読んでて、私も人間ドッグ
行こうと思ったわ。
あろがとう。
私も、何かあったときに心配なのは、
まめ茶のことだけだから、そういう気持ちは
よーくわかるよー。
まずは自分たちの健康第一だよね。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 08:28 * edit *

タイニーパパさんへ

私、普段あまり本を読まないので、
貸してくれて、読んでみて、本当によかったなーと
思った本でしたよ。
ずーっと泣きながら読んでました。
本屋さんで見かけたら、ぜひ読んでみてくださいね!

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 08:29 * edit *

maiさんへ

わー!amazonで買われたんですか。
でも、この本は買いだと思いましたよー♪
届いたら、号泣しながら読んでください(笑)
私も、maiさんがどんな風に感じたのか
聞いてみたいです。
ほんと、普通に家族が一緒に、健康でいられることに
感謝しないといけませんねえ。。。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 08:31 * edit *

けめちゃんへ

捨てる人を非難するのは、かんたんなんだけど
自分にも、いつ何が起こるかわからないっていう
危機感だけは、頭の片隅にでも置いておかないと
いけないと思うよね。
私は、自分の健康上の不安というのも、いつもあってね。
この子たちを置いて、入院とかにならないようにと思っても
こまめに検査に行ったりとかしかできないんだけど。
いろんな場面を、考えてしまうことがあるよ。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 08:35 * edit *

koperoさんへ

いえいえ、お礼を言われるほどのことは
何もないですよーーー。
初めておうちに迎えた時の喜び・・・
ほんと、家族みんながすごく幸せでうれしくて
可愛くてたまらなかったですもんね。
いつも忘れないでいたいですよね。
ずっと幸せそうな顔、していてほしいですもんね♪

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 08:38 * edit *

クーマコさんへ

うんうん、普通っていうのが、実は
一番難しいんですよね!
私もそう思います。
自分は、体調がすぐ悪くなったりする方なので
健康でこの子達と一緒にいられる生活を維持することが、
とても難しく思ったりするんです。
ほんと一日一日、大切に、ですね。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 08:40 * edit *

ハイジさんへ

うんうん。
そのときは、そのとき。
毎日危機感を持って暮らすというわけには
いかないから。
毎日、毎日、今、隣にいるワンコに「幸せ」と
思ってもらえるように生活することが大切ですよね。
私もそう思います。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:28 * edit *

ブン太ママへ

ワンコ関係の本って、いろいろ読んでるけど
できるだけ、実話がいいかなーって思ってた。
でも、小説でもこの本はとっても良かったよ。
マイナーな本屋にあったら、ぜひ読んでみてー!
夫婦仲良く、健康なのが、ワンコたちの一番の
幸せだよね♪

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:30 * edit *

なゆぱぱさんへ

里親募集とか見ると、悲しくなりますね。
はなさんは、そういう事情があって
なゆぱぱさんのお家に迎えられたんですね。
でも、はなさんもももさんも、今が幸せで・・・
幸せな家族に引き取られて、良かったと思います。
犬は飼い主を選べないし、どんなに薄情な飼い主でも
犬にとっては主人ですからね。
せつないですね。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:33 * edit *

ちょび子さんへ

ちょび子さんも、いろんなワンコ本を
読まれていますよね。
私もこの本、かなり好きな本のひとつになりました。
最初から最後まで、涙流しながら読みましたよ。
ワンコの最期を、普段は考えたくないけれど、
「幸せ」の中で看取ってあげられるよう、
飼い主としてできることはやらないと、と思いました。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:35 * edit *

nokkoさんへ

些細な夫婦喧嘩でも、悲しそうな顔をしますね。
ちょっと旦那に預けて、スーパーに行くだけでも
悲しそうな顔をしますもんね。
ワンコって、主人だけじゃなく、「家族の全員」が
大好きなんですよね。
ワンコが大好きだから、幸せでいてほしいと思うから
できるだけ家族全員で、傍にいてあげたいですよね。


> ワンコは家族の誰かがいなかったり、喧嘩したりすると、とっても悲しそうな顔をするといいますよね。
> 言葉は違っても、状況は理解出来るし、きっと何かを伝えたいんですよね。家族の全員を愛しているって。
> ワンコは、誰が飼い主であっても、その飼い主を選ぶ事なく無条件に愛する。それってスゴイ事だと思います。
> だからこそ、その愛情を私たちはきちんと向き合い、受け止めないといけないなぁと思っています。
> とっても短い一生ですもんね。
>
> ステキなお話を紹介して下さった、まめ蔵ママさんありがとうございます。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:40 * edit *

三太ママさんへ

Amazonで買われたんですね。
とても良い本ですよ。
私も体調がよくないことが多く、まめに検査を
しながらの生活なので、わかりますよ。
本当に体調が悪くなって、離れたくないのに、
離れないといけない状況になったらどうしようと
思うことがあります。
ほんと、邪険にしてたら、化けて出ないとですね(笑)
でもママさんが健在でないと、三太くんは寂しいから
長生きしてくださいね♪

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:43 * edit *

むうさんへ

とても良い本だったので、本屋さんで見かけたら
ぜひ読んでみてください。
なんとなく、今までも思ってたけれど、この本を読んで
ほんと強くそう思うようになりましたよ。
お互い、今の生活をずーーっと長く続かせましょうね。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:44 * edit *

ぴのぱぱさんへ

HNは「パパ」に変えないんですか?(笑)
キモイなんて言いませんよ。
男の人にも同じように考えて、愛情をもって
生活してほしいと私は思います。
ぴのぱぱさんに、そういう風に考えさせてくれた
ドッグトレーナーさんは、きっとステキな人なんでしょうね!

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:47 * edit *

ナナミュウモさんへ

ママさんはいつも、コメント読んでると
なんだか素直な人で・・・
たまに頭が下がるような気分になるの(笑)
この本、もし機会があったら、ぜひ読んでみて。
とっても良かったです。
ナナミュウモ家は、かわいい3姉妹+コゾウくんと
守るべきものがたくさんだね。
今の幸せな生活を維持できるように、お互いに
がんばろうね。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:49 * edit *

りんこさんへ

本当に良い本を貸してくれて、どうもありがとう。
犬の本でも、実話は結構読んでいても
犬の小説ってなんだか買って読むことに抵抗があって
食わず嫌いだった!
でも、実話なんかより、いろんなことを考えさせてくれた。
そうだね、主人公の女の人の生活って、
ちょっとりんこさんに通じるものがあるよね(笑)
離婚???ないから、そんな心配はいらんでしょ。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:51 * edit *

かあちゃんへ

喧嘩するとすぐ離婚してやるって思う
かあちゃんの気持ち、わかるー!(笑)
私だって、そう思うこと、たまにはあるよ。
夫婦喧嘩なんか、そんなもんだよー!
犬は純粋に家族みんなが好きだから、家族一緒の
生活を維持してあげたいと思うよね。
ブログ、楽しみにしてくれてるだなんて、
ほんと嬉しいです!
ありがとう~☆
ヒマな主婦は更新が早くて、メンゴ!

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:54 * edit *

マメママへ

家族みんなでず~っと一緒にいることが
ワンコにとっての幸せ。。。
ほんとそうだよね。
最期のお別れの日まで、二人に幸せって思っていて
もらえるように、楽しい時間を一緒にすごさなきゃね。
そうだね、たまには喧嘩をすることもあるけど、
喧嘩しながらも仲良くやっていかないとね。
ワンコが大好きだから、幸せでいてほしいよね。

まめ蔵ママ #- | URL | 2009/07/29 09:57 * edit *

No subject

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色 #- | URL | 2009/10/16 11:31 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://outigaichiban.blog49.fc2.com/tb.php/224-bc556a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

一分間だけ 原田マハ

ファッション誌編集者の藍は、ゴールデンレトリバーのリラを飼うことになった。 仕事が生きがいの藍は忙しさに翻弄され、何を愛し何に愛され...

粋な提案 | 2009/10/16 11:05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。