おうちがイチバン

アイーン顔のまめ蔵と、お喋りな妹の茶々が送る、やさしくてあたたかい毎日♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ありがとうしか言えなかった 



私のかわいい弟のダーちゃんは、

安楽死で虹の橋を渡りました。




ダーちゃん
うちに来たばかりのダーちゃん。生後3ヶ月くらいのころ。





もち直していた体調は、

ここ2日でどん底まで悪化して、



最期は、呼吸が満足にできず、

眠れずに苦しいだけの時間を過ごし、

排泄のために起き上がることもできない、

生き地獄のような状態だったそうです。



ダーちゃんが苦しむ様子を目の当たりにしながら

何も手助けしてやれない歯がゆさで、

一緒に暮らす家族は、泣きながら、

ほとんど徹夜で看病をし、

そして、悲しい決断をしたのでした。










ダーちゃんの主人である妹から、


「もう、これ以上苦しめられない」



とメールが来たのは、6日のことでした。

そのメールを見て、安楽死のことが頭をよぎりました。

近い将来、そうなるのかもと。



7日、なんだかいやな予感がして、家に電話をしました。



私「ダーちゃん、どう?」

母「もうダメよ、明日葬式かもしれない」

私「仕事終わったら、家に帰るよ」

母「今日は大丈夫よ、明日来るんでしょ。何かあったら連絡するから」

私「でも、ダーちゃんに会いたいから帰る」


そして、母がダーちゃんに電話を代わってくれた。

「ダーちゃん!」

と呼ぶと、「ウォウウ」と、苦しそうな低い声が聞こえました。




そのあと、仕事が早く終わりますように、

と、願いながらパートに出ました。

でも皮肉なことに、GW明けの病院の混雑は半端なく、

時計を見ると、21時半を過ぎていました。






パートが終わり、携帯の着信を見たら

妹から5回も不在着信が入っていました。



いやな予感がさらに嫌な直感になって、

心臓をバクバクさせながら電話をしたら、涙声の妹が



「お姉ちゃん、ダーちゃん死んじゃった。

もうこれ以上苦しめたくなかったから、先生に来てもらったの」


「うそでしょ? さっき電話でそんなこと言ってなかったじゃん。

先生が来るのが決まってたなら、

どうして教えてくれなかったの!?」



亡くなった時間は15時。

私と電話で話したすぐ後です。




涙がいっぺんにどわっと出て、

ダーちゃんの死を想像すると、

気持ちが悪くて吐き気がしました。


死んだこともショックだったけど、

電話のとき、すでに、安楽死を予定していたのに、

それを教えてくれなかったショックのほうが、大きくて。。。




私はパート先の更衣室でパニック状態になってしまい、

パパが車で実家まで急いでくれました。



冷たく横たわったダーちゃんを見たら、

また涙がどわっと出てきて

抱きしめて号泣しました。




静かになんか泣けませんでした。

嗚咽をあげながら、泣きました。




ダーちゃんは、冷たくなっていたけれど、

毛がふかふかしていて、

人間が死んだ時のような冷たさや固さはありませんでした。


とてもキレイな死に顔でした。


でも、最後の最後まで呼吸が苦しかったんだろう、

口をあけたまま、眠っていました。



ダーちゃん




私は許せませんでした。



どうして安楽死を決めていたのに、

それを教えてくれなかったの?


本当に危なくなったら連絡する、と、母も言っていたのに、

どうして内緒にしたの?


たった30分ほどで帰れる距離にいるのに、

どうして最期、会わせてくれないの?





ダーちゃんの最期を看取ったのは、母と妹でした。

「どうして!?」

と泣きながら尋ねても、

妹は、ごめんなさいと言って泣くだけでした。




ダーちゃん
2年前、まだがんが発覚する前のダーちゃん。





私は、ダーちゃんに会いたくてたまらなかった。


だけど、家族がしたことがどうしても許せなくて、

葬式に行きたくありませんでした。




夜もずっと眠れず、

泣いては考え、考えては泣いてを繰り返していました。




父と、朝の5時半までメールでやり取りをしていました。


父は、

「どうか許してやってほしい。

お母さんもA(妹)も、本当にぎりぎりのところで

今、踏ん張っているんだ。

これ以上、追い詰めないでやってほしい。

ワンちゃんのために、葬式だけでもいいから来てほしい」

と言いました。



私は

「生きてるダーちゃんに会いたかった。

葬式で、抜け殻に会っても意味がない」

と言って参列を拒否しました。





朝いちばんに、父から再度電話が来て

「葬式、本当に来ないのか? 

来ないなら、3人で9時には家を出るよ」

と言われました。



頭の中がいっぱいで、すごく悩みました。

死体とはいえ、ダーちゃんのやわらかい毛並みに、

もう触れなくなることを思うと、

寂しくて苦しくて、

もやもやしながらですが、参列を決めました。





私たち夫婦と、父、母、妹、ダーちゃんで、

お葬式の会場に向かいました。



車の中、ダーちゃんは赤ちゃんの頃のように、

父に抱っこされて、

外の景色を見せてもらっていました。



父とダーちゃん
父とパピーの頃のダーちゃん



父も母も妹も、ダーちゃんに外の景色を見せ、

一生懸命話しかけながら、泣いていました。



助手席の私は、このときはまだ

家族のことがどうしても許せなくて、

後ろを振り返れませんでした。


その輪の中に、入れませんでした。




慈恵院



府中市にある慈恵院で、ダーちゃんは個別の立会葬をしてもらいました。



ベダンダのお花が大好きだったダーちゃんが、

すごく喜ぶような、

きれいなお花がたくさん咲くお寺。




私は家族の輪に入らず、一人で泣いていましたが、

駐車場に着き、両親が受付を済ませに出るとき、

父が言いました。


「Y(私のこと)、ワンちゃんを抱っこしてあげなさい。

もう、最後だよ」


後ろを振り返ると、かわいい顔で死んでいる

ダーちゃんを妹が抱きかかえて、


「抱っこしてあげて」


と言いました。




私は後部座席に移動して、ダーちゃんを抱きしめました。




ダーちゃん



ずーっと、抱きしめたかった。

生きてる時は、こんなに強く

ギュッと抱きしめられなかった。



全身「がん」だらけで、

どこを触っても痛い体だったから、

そーっと抱きしめることしができなかった。



額をなでて、

頬ずりをして、

思いっきり抱きしめて、泣いた。


体をさすると、ボコボコだった。

体中、ありとあらゆるところに腫瘍が出来ていた。

痛かっただろうね。

お腹も胸も、肩のあたりも、水がたまってパンパンで

痛かっただろう、苦しかっただろう。

本当によくがんばったね。


ありがとう。

ありがとう。


たくさん臭いをかいで、

やわらかい毛をなでました。






ダーちゃんは、大きな棺代わりのバスケットに入れられて、

私たちは周りをお花で飾りました。

ダーちゃんの最期の姿を飾ったのは、

私の大好きなトルコキキョウの花でした。



ダーちゃん



それから、手にはたくさんの食べ物を持たせました。

大好きだったパン、鳥レバーの焼き鳥、ソーセージを胸に抱かせました。



私は、手紙を入れました。

「お母さんやAのしたことが許せないんだ、

許したいけど

どうしても許せないんだ。

ダーちゃんが大好きな、お母さんやAのことを

お葬式の日でさえ、そんな風に思ってしまうお姉ちゃんでゴメンね。」



その他もろもろ、

たくさんのダーちゃんへの思いを書いた手紙を棺に入れると、

家族に対する憎しみや、悲しみが、すっと消えました。


本当に、不思議な瞬間でした。


ダーちゃんが、私の嫌な気持ちをすべて

吸い取ってくれたみたいでした。





母が棺に入れるために持ってきたものの中に、

私の着物の半襟がありました。


なんでそれを持ってきたのか・・・

母なりに思い出の品だったようですが、不明です。


なんだか、よくわからないけど、

私はとても嬉しく思いました。

私の知らない、自分とダーちゃんをつなぐもの(半襟)を、

母が持ってきてくれたことが嬉しかったのです。



花

花



火葬場で、扉が閉まるギリギリまで、

家族でたくさんダーちゃんをなでました。



最後は、飼い主の妹が、ダーちゃんにキスをして見送りました。



扉が閉まるとき、


母と妹は「待っててね」と

私は「ありがとう」と叫びました。



慈恵院の緑




火葬場を出て、

お骨になるまでの時間、

私は待合室でじっと座っていることができず、

木や花の写真を撮って、気を紛らしていました。

泣きながら、写真を撮っていました。



慈恵院

花



旦那に言われて空を見ると、

ちょうどダーちゃんが、虹の橋にわたっていく煙が見えました。



ダーちゃんの煙



煙になったダーちゃんの姿を見て、

私はこのときが一番、悲しかった。


外だというのも忘れて、

人目を気にするのも忘れて、


大声をあげて泣きました。


一緒にいた旦那も、一緒にたくさん泣いてくれました。




ダーちゃん



そして骨になったダーちゃんを

家族でひとつずつ拾いました。


慈恵院さんはとても丁寧に、よくしてくださいました。



ダーちゃんは20キロ以上あるBIGコーギーだったけど、

骨になると、本当にちいさかった。


仏様の形をしている骨は、とってもきれいに残っていました。




キレイな骨壷に入れられて、

火葬場を出たとき、父が声をあげて泣きました。

私は父の背中をなでました。



私の結婚式でも、祖母のお葬式でも、

父は涙を見せていたけれど、

ここまでむせび泣く父を見たのは初めてでした。

父にとって、喋れないダーちゃんは、

生意気なことを言う娘たちよりずっと、

かわいい存在だったことでしょう。




それから、ダーちゃんは、お経を唱えてもらいました。




そして、妹の腕に抱かれて

大好きだったおうちに帰りました。



ダーちゃんがいつも寝ていた部屋に、

ダーちゃんがいません。


母はこのときが一番、悲しかったようでした。



ダーちゃんの形見



私はダーちゃんの牙と爪を、

分骨してもらいました。



ダーちゃんは犬が苦手でした。


まめ蔵を一度、実家につれて帰ったら、

ベッドの下にもぐりこんでブルブル震えて出てこず、

その後も、私だけが帰っても、まめ蔵の臭いのせいか、

隠れてしまうくらい、苦手でした。


まめ蔵と茶々のいる家に、形見を持って帰ると、

まめ蔵も茶々も、形見の臭いをかいで

尻尾をクルクル回していました。



まめ蔵と茶々は、嬉しそうでした。



ダーちゃん、もう、犬は怖くないのかな。


虹の橋に行ったら、ワンコ嫌いが直ったのかな。





最後の2ショット
4月に撮ったこの写真が、ダーちゃんとの最後のツーショットになりました。



たくさん言いたいことはあったけれど、

いっぱいいっぱいの時に出てきた言葉は

「ありがとう」だけでした。





ダーちゃんがいなかったら、

私の家族はバラバラになっていたと思います。

うちの家族はみな、気が強く、

譲らないので喧嘩が耐えないんです。


そんな私たちにとって、ダーちゃんはいつも真ん中にいて、

家族を仲良くしてくれる、

やさしい存在でした。




結局、お葬式の日まで、私の心のわだかまりを溶いて、

家族がバラバラにならないようにしてくれました。



家族の光のような子でした。




ダーちゃんが死んでしまって、

涙は止まらなくなったりするけれど、

今でも、どこかにいてくれているような気がするんです。


家族がバラバラにならないようにと。



今は、母の衰弱がひどくて、

見ているのも辛くなるくらいです。




本を読まない母でも、

もしかして気が向いたら読んでくれるかもしれないと

先週、母の部屋に置いてきた

「虹の橋」の絵本。



母はしっかり読んでいて、

何度も何度も読んでは、涙を流して、

虹の橋を信じています。


この先もう一度、ダーちゃんに会える日がくるのを

信じています。





サヨナラではないと思うのです。



しばらく会えないけれど、

いつかまた会えると、私たち家族は信じているよ。




でも、ダーちゃんの姿が見えない家に慣れるまでは、

相当な時間が必要そうだよ。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

まめ蔵ママ!今は何を言っても慰めにも何にもならないけれど。らいちママも三匹の娘達を見送った時、皆に優しい言葉を掛けられても、いいじゃない自分ちの子は元気なんだから私の気持ちなんて解るかけないって思ってた。今まめ蔵ママはそんな気持ちだと思う。当たり前だよ。だから早く元気になって!とか、辛かったね、とか言わない。沢山泣いて悲しんで淋しがってあげて。でもね、いつか必ず会えるから少しずつでいいからダーちゃんの大好きな明るい優しいお姉ちゃんに戻ってほしい。
沢山の時間かかると思うけど。そして妹さん、ご両親様の事許してあげてね。
今夜は娘達の仏壇に一本多くダーちゃんの分のお線香上げさせてもらいました。ご冥福を御祈り申し上げます。身体大事にね

らいちママ #- | URL | 2010/05/08 22:43 * edit *

No subject

ご家族みなさんでダーちゃんを送ってあげられたんですね。
皆さんそれぞれの思いがあったかと思いますが
最後は一緒でよかったです。
ダーちゃん、とっても安らかな顔してますね
一枚目写真のパピーの頃のように、安らかです。
そして、まめ蔵ママと最後に取った写真笑ってるように見えますね。
嬉しかったのかな。
今はただ、ダーちゃんのご冥福を祈ります。

ぐぅぼんこ #- | URL | 2010/05/08 22:52 * edit *

No subject

まめ蔵ママさん、ごめんね。
先日からの記事を読んでいて、涙が止まりませんでした。

ダーちゃんへの思いが、痛いぐらい伝わってきました。
私も、実家に高齢のワンコを置いてきているので、まめ蔵ママさんの気持ちがよく分かります。

辛いですよね。
悲しいですよね。

でも、きっと。
ダーちゃんは、すぐ傍にいますよ。

今はそう思えなくても。。。

まめ蔵ママさんのすぐ近くで、優しく見守っていてくれています。

そう言っている私も、きっと同じように悲しくて割り切れなくて、って思いをするんだとは思いますが・・・

ダーちゃん。
まめ蔵ママさんがまた笑えますように、傍で元気づけてあげてね。


ダーちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

nokko #- | URL | 2010/05/08 23:02 * edit *

No subject

何て言えば良いのか分かりませんが、
記事を読みながら涙が止まりませんでした。
次から次へと溢れてきました。。。

ダーちゃんは無事に虹の橋に行き
元気に走り回っているんでしょうね。
体の痛みもなくなり、美味しいご飯も
いっぱい食べているんでしょうね。

どうか、まめ蔵ママさんをはじめ
ご家族皆様が体調を崩さないようにお気を付け下さい。

心から哀悼の意を表します。

セリ #mK0K5/zA | URL | 2010/05/08 23:02 * edit *

No subject

後悔の無いお別れなんてないと思います。
周りから見れば充分大切に注げるだけの愛情で接していたか
分るのに、家族にっとっては後悔しないお別れなんてないと・・・・
その後悔は、愛した証だと思います。
その涙は、愛してやまない心の表れだと思います。
だからいっぱい泣いてもいいんだと思います。

私は信じています。
また逢える。
必ず逢えると。
かけがえのない家族ですから。

お母様のお身体心配です。
体調が一日でも早く回復されることを願っています。

ダーちゃん。
よく頑張りましたね。
立派でしたね。
もう苦しみも痛みもない体になったから、ゆっくりできるね。

まめ蔵ママさんも体調を崩されませんように。

ダーちゃんのご冥福を心からお祈り致します。

クーやん #- | URL | 2010/05/08 23:43 * edit *

No subject

きっと
今は
痛みも苦しもなく
お花がいっぱいの原っぱを
息を切らせながら走ってるよ・・・

きっと!

ご冥福を心よりお祈りいたします
ご家族の皆さまもご自愛くださいませ

じゅんこ #jgJNn0FY | URL | 2010/05/09 00:02 * edit *

No subject

なんて書こうか色々考えたけど
どれも慰めにならないような気がして
言葉が見つかりません。

まめ蔵ママのことも、ご家族の皆様のことも、
ダーちゃんは見守り続けてくれると思います。
今はまだまだ辛いと思うけど、ダーちゃんのことを思い出して
みんなで笑える日が早く訪れますように。

ご冥福をお祈りします。

ハイジ #- | URL | 2010/05/09 00:15 * edit *

No subject

何て言葉を掛けたらいいのか分からないけど、
ダーちゃんと言う存在が、まめ蔵ママやまめ蔵ママの家族にとって、
どれだけ大きな存在だったのかが凄く伝わって来たよ。
長年共にした愛犬との別れは、はかり知れない程の悲しみと寂しさ
でしょうけど、今はゆっくり休んでね。
お母さんの体調も心配だしね。
ダーちゃんはこれだけ家族に愛されて、幸せワンコだったね!!!
まめ蔵ママが元気出さないと、ダーちゃんが心配しちゃうよ。

改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。






ブン太ママ #- | URL | 2010/05/09 00:29 * edit *

No subject

なんと言ったらいいのか。。。
ダーちゃんは今は痛みや苦しみから解放されて
虹の橋からまめ蔵家のみなさんを見守ってくれてますね。
ママさんがダーちゃんのお葬式に参列してくれて
本当に良かったと思います。
何よりダーちゃんが望んでただろうと思うし
後になって参列すればよかったという気持ちになって後悔しても
取り返しが付かないから。。。
しばらくはご家族みなさん悲しみや寂しさがいっぱいでつらいと思いますが
体調だけは崩さないようにご自愛くださいね。
ダーちゃんのご冥福を心よりお祈り申しあげます。

ナナミュウモ #- | URL | 2010/05/09 01:46 * edit *

No subject

まめ蔵ママさんはじめまして。
久しぶりにブログ拝見させていただき、ダーちゃんのことを読んで涙が止まらなくなり、コメントさせていただきました。

ママさん、今はいろんなことをいっぱい思い出して辛いと思います。
だから、今はたくさん泣いていいと思います。
でも、きっとダーちゃんは家族みんなからとっても愛されて、幸せだったと思います。
とってもいいお顔してます。

ダーちゃん今は痛みからも辛いことからも解放されて笑ってるんじゃないかな。
これは決してお別れなんかではないです。
姿はなくてもダーちゃんは前よりきっとずっと近くにいます。
ママさんと同じようにダーちゃんも『ありがとう』ってたくさん言ってくれてると思いますよ。

辛いけど、ママが悲しいとまめ蔵君と茶々ちゃんもきっと悲しみます。
だから、少しずつ、少しずつ元気になってください。
まとまらなくて、偉そうなこと言ってしまってすみません。

ダーちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

かわちゃん #oPaHViZ6 | URL | 2010/05/09 03:02 * edit *

No subject

ダーちゃん たくさん頑張ったんだね。
うちの母も もうダメなら安楽死 という言葉をよく言います。 きっと母なりにその子のことを考えているんだろうけれど、私の考えとはちがうとは思っています。 ワンコにとってどんな最期が幸せなのか って考えるけれど
ダーちゃんは 間違いなく 家族みんなに愛されていたのだと思ったよ。
まめ蔵ママ いろんな思いがあったろうけど 葬儀に参列してダーちゃんも喜んでいるんじゃないかな。私は実家のムサシ(ハナの兄弟犬)が死んだとき、葬儀に参列しませんでした。 家族の前で泣いてしまいそうな自分が嫌で。ムサシの亡骸をみるのもつらかったから。いまとなって、ムサシに申し訳ない思いでいっぱいです。
そんな弱虫の私に比べたら、まめ蔵ママの決断を尊敬します。 

ダーちゃん、今は痛みや苦しみから解放されて お空から 家族のことを見守っていてくれてると思います。
ダーちゃんのご冥福をお祈りします。

まるこママ #XFanNIo. | URL | 2010/05/09 07:00 * edit *

No subject

ダーちゃん いっぱいがんばったね。
今は痛みからも解放されて
のーんびりしてるだろうね。
いっぱいいっぱい 笑顔で走ってるんだろね。
お母さんや妹さんは苦渋の決断だったと思う。
苦渋の決断だったからこそ
まめ蔵ママに 言えなかったんだね。きっと。
でも最後には ダーちゃんが
まめ蔵ママの心のわだかまりを取ってくれたんだと思うと
わんこって すごいね。。。

ダーちゃんのご冥福をお祈りします。
体調など 崩さないようにね。

けめこ #Mz6Hkt2A | URL | 2010/05/09 07:02 * edit *

No subject

ダーちゃんの頑張り、すごく感じました。

どんなに苦しくても苦しくても
家族のために生き続けたダーちゃんが
文を読んだだけで愛おしくてたまりません。

まめ蔵ママさんの言うとおり、
これはサヨナラではない。またきっと会える。
ダーちゃんもそう思ってると思いますよ。

まめ蔵ママさん、身体に気をつけて。
ダーちゃんのご冥福をお祈りします。

KAEDE #- | URL | 2010/05/09 11:40 * edit *

No subject

ダーちゃん。。。
今は苦しみから解放されて
元気に走り回ってるかな~
さくらを見てるとダーちゃんのことが
頭をよぎって泣けてくるよ・・。
ワンコも人間と同じで、この体は現世界
のもの。魂は永遠だと思う。
きっと、ダーちゃんはいつまでもまめ蔵ママの
家族、まめ蔵家を見守ってるよ

今はまだ心にぽっかり穴が開いて
寂しいと思うけど、いつかダーちゃんのこと
笑顔でみんなで話せる日がくるように
祈ってるよ。

ワンコを飼ったときから必ず訪れる
お別れ。。でも、きっとまたいつか出会う
ための、ちょっとのお別れだね。

まめ蔵ママ、身体には気をつけてね。
ダーちゃんのご冥福をお祈りします。

ママロー #u2lyCPR2 | URL | 2010/05/09 12:38 * edit *

No subject

慰めの言葉が見つからなくて((ノτェτ`。)) ゴメンナサィ
ダーちゃんへの思いは良くわかります。。。本当に一緒に暮らした家族を亡くすのは辛いですものね!
華ママも前にも書きましたが、悲しい経験があるので、。。。あの時を思い出すと辛いものがあり、実は華を飼う事になった時は本当に家族で1人反対したものです!
飼っている時は可愛いけど別れは経験した人でないとわかりませんものね~~~早くまめ蔵ママさん元気になってくださいね!

華ママ #dyaC49nA | URL | 2010/05/09 13:19 * edit *

No subject

悲しい日が当分続くと
思うけれど、
まめ蔵ママも実家のご家族も
ダーちゃんの思い出話を笑って話せる日が
来ますように・・・。

ダーちゃんよく頑張りましたね。
まめ蔵ママ、
ダーちゃんもう苦しまなくていいんだよ。
今頃元気で走り回ってるからね。
うちの2匹の先住犬たちも
虹の橋でいるから大丈夫♪
うちのもBIGサイズのMIXだったよ。
BIG同士仲良くしてるよ。

ゴエ母 #- | URL | 2010/05/09 14:42 * edit *

No subject

お別れが、とても悲しいです。
ダーちゃん、お疲れさま。よく頑張ったね。

ご家族も大変な決断だったと思います。
本当に本当にギリギリまで待っての決断だったのではないかと。。。
何日も徹夜の看病だと、精神的にも参ってしまい、皆さん大変だったでしょう。
こんなにご家族みんなに愛されたダーちゃんは、幸せですね。

ダーちゃんの可愛い顔が忘れられません。
私も本当のさよならではなく、また会えると信じています。
それまで、少しのお別れだと。。。
お母様の衰弱が心配です。どうかお大事にしてくださいね。
まめ蔵ママも。
心からダーちゃんのご冥福をお祈り致します。
ダーちゃん、ありがとう。

ピピ #- | URL | 2010/05/09 19:45 * edit *

No subject

ダーちゃんのご冥福をお祈りいたします。
きっと、最後まで精一杯生きていたんだろうと。。。

つらくなくて、後悔がなくて、誰かを恨む気持ちもない。
そんな人生は、私もあんまり見かけません。

だから、こういう自分がダメだとか、嫌な感情を捨てようとか抑えようとか、そんなことは何も思わなくていいと思います。
全部、どれも、ダーちゃんからのプレゼントです。
そのまんまのまめ蔵ママさんでいてくださいね。

ゆき #BqEwgRj. | URL | 2010/05/09 21:20 * edit *

No subject

ダーちゃん、頑張ったんですね。
きっと、まめ蔵ママさんが葬儀に参列してくれたことをものすごく嬉しく思ったと思いますよ。
ダーちゃんのお花に囲まれたお顔、とても穏やかですね。
ご家族の思いもまめ蔵ママさんの思いもすべて受け止めて旅立ったのでしょう。そんなお顔をされてます。

心よりご冥福をお祈りします。

ひじしめ #JaFhmbU6 | URL | 2010/05/09 21:34 * edit *

No subject

ダーちゃんはやっと苦しみから解放されたんでしょうね。
ダーちゃんの安楽死を選ぶということは
お母様や妹さんもかなり辛かったと思います。

まめ蔵ママさんが葬儀に参列してくれたのは
ダーちゃんもきっと喜んでいますよ。

まめ蔵ママさんとダーちゃんとのいい顔してますね。
まめ蔵ママさんがそばにいてくれて嬉しかったんでしょうね。

ダーちゃんのご冥福を祈ります。


なゆぱぱ #- | URL | 2010/05/09 21:50 * edit *

らいちママさんへ

お線香あげてくださって、ありがとう。
犬が亡くなることって、こんなに悲しい
ことなんですね。
でも、お葬式に参列して、だいぶ気持ちが落ち着きました。
急に泣いたり、寂しくなったりするのも、
大好きだったからこそですものね。
そう思うと、泣くのも悪くないなーと思います。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 07:05 * edit *

ぐぅぼんこさんへ

コメントありがとうございます。
お葬式への参列は本当に迷い、家族に対しての
悔しさや悲しみで胸がいっぱいでしたが、
今は、出て本当によかったと思っています。
参列していなかったら、私は家族のことを憎んだ
ままだったと思います。
最後の2ショットは、見ると涙が止まりません。
大好きな写真のひとつになりました。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 07:08 * edit *

nokkoさんへ

お悔やみのコメント、ありがとうございます。
nokkoさんのご実家のワンちゃん、
一日でも長く、一緒にいられますように。
ご実家に帰られたら、たくさん
たくさん、なでてあげてください。
ただこの世界で一緒に生きていることが、
どれだけ幸せなことか、今すごく感じています。
悲しむ時間よりも、今生きている命を大切にしたり、
ダーちゃんに感謝する時間を多く過ごしたいと思います。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 07:13 * edit *

セリさんへ

お悔やみのコメント、ありがとうございます。
虹の橋に行ったダーちゃんを思うと、
今も涙が止まらなくなります。
だけど、ダーちゃんの臭いの残る家で暮らす
家族に比べたら、私の悲しみは小さなものです。
今は家族を支えないといけないと思います。
それをダーちゃんも望んでいると思うので。。。
犬の死は、本当に寂しく、悲しいものですね。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 07:17 * edit *

クーやんさんへ

お悔やみのコメント、ありがとうございます。

> その涙は、愛してやまない心の表れだと思います。
> だからいっぱい泣いてもいいんだと思います。

ありがとうございます。
私もそう思っています。
いま、泣きたい時は思い切り泣くようにしています。
泣きもするけど、ダーちゃんのあれこれを
思い出して、笑うこともできます。
そして私には、大切にしないといけない命が
この家にいます。
嘆き悲しむ時間もありますが、生きているものとの
時間を大切にしないといけないと思っています。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 07:21 * edit *

じゅんこさんへ

お悔やみのコメント、ありがとうございます。
私も、ダーちゃんと一緒に住んでいた家族も
まだ涙が出てしまうけれど、ちゃんと笑うことも
できています。
笑えるエピソードもいっぱい残してくれた
ダーちゃんだから。
虹の橋で、BIGコーギーはちゃんと
走れてるのか心配です。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 07:23 * edit *

ハイジさんへ

お悔やみのコメントありがとうございます。
つらい気持ちも、まだたくさんありますが、
私もほかの家族も、ちゃんと笑う元気があります。
ダーちゃんは、とてもひょうきんなワンコだったので
笑いながらその思い出を話し、たまには沢山泣きます。
私は離れて暮らしている分、まだ気持ちは楽だと思います。
一緒に住んでいた家族の心の穴は、私とは比べられない
大きなものだと思うので、支えてあげたいと思います。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 07:26 * edit *

ブン太ママへ

お悔やみのコメント、ありがとう。
本当に存在感も、体もBIGすぎるダーちゃんだったよ。
大好きだったから、悲しみも大きいけれど、
たくさんの幸せな思い出や、笑えるエピソードを
残してくれたダーちゃんだったので、
思い出を話しながら、家族で笑ったりしてるのよ。
そして、いま生きている命を大切にしたいと思っているから、
まめ茶との時間も、大切にしているよ。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 07:29 * edit *

ナナミュウモさんへ

お悔やみのコメント、ありがとう。
お葬式に出て、本当によかったと今、思っています。
ダーちゃんが、私の心のモヤモヤを
虹の橋にもっていってくれたおかげで、
私は家族のことを嫌いにならずにすみました。
一緒に住んでいた家族の心の穴は、私よりもずっと
大きなものなので、しっかり支えてあげなきゃと
思っています。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 09:56 * edit *

かわちゃんさんへ

はじめまして。
お悔やみのコメントありがとうございます。

> とってもいいお顔してます。

親ばかですが、本当に愛嬌があって
美形でかわいい弟でした。うれしいです。
私の悲しみもまだ、薄れることはありませんが、
悲しみと同じだけ、生きている者を大切にしたいと
思う気持ちが強くあります。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 09:59 * edit *

まるこママさんへ

お悔やみのコメント、ありがとう。
私も、お葬式に出席して、良かったと今、思ってます。
出ていなかったら、すごく後悔もしていただろうし、
家族への憎しみや悲しみだけが残って、深い悲しみの
中にいる家族を支えたいという気持ちにも
なっていなかったと思います。
家族そろって、大切なあの子を送り出せて、
本当に良かったです。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 10:02 * edit *

けめちゃんへ

お悔やみのコメントありがとう。
せっかく借りた本は、まめ茶のために読ませてもらうね。
家族への悲しみ、憎しみ、不信感・・・私のいやな感情は
すべて、ダーちゃんが虹の橋に持っていってくれました。
死に目に会えなかったダーちゃんから、私への最後の
プレゼントだったのかもしれない。
本当に不思議なくらい、すーっと消えたんだ。
そして母や父や妹が、愛しくてたまらなくなったの。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 10:06 * edit *

KAEDEさんへ

お悔やみのコメント、ありがとうございます。
お葬式の時、父も言っていましたが、
パピーの頃はパルボから生還したり
がんとも2年以上戦っていた、とても生命力の強い
犬だったので、余計に最期は苦しかったと思います。
最期まで、自分で排泄をしようとがんばっていたし、
とても立派でした。
苦しみの中でも、必死で家族と一緒に生きたかったのだと思うと、
愛しくてたまりません。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 10:10 * edit *

ママローさんへ

お悔やみのコメント、ありがとう。
お散歩でコーギーを見ると、泣けてしまう。
たくさんの幸せな思い出があったから、
悲しみも大きくて、涙はまだ止まりそうにないよ。
だけど、悲しみと同じだけ、生きているものを
大切にしようと思う気持ちも大きいから、
私は元気でいられてるよ。
一緒にいま生きていることの幸せを感じてるよ。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 10:13 * edit *

華ママさんへ

お悔やみのコメント、ありがとうございます。
犬は、ペットという枠を超えて、
人間と同じか、それ以上の存在感があって、
いなくなった時の心の穴は、本当に大きいですね。
この悲しみを経験してしまうと、「もう二度と
飼いたくない」と思う気持ちもわかります。
だけど、悲しみよりも与えてくれた幸せや喜びの
方が大きいから、また一緒に暮らすことも出来るんだと思います。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 22:38 * edit *

ゴエ母さんへ

ありがとう。
BIG同士、今頃虹の橋で、ほかのワンコと
一緒に走れなくて、モタモタ走ってるかもね。
ダーちゃん、がんばったよ。
妹も母も、父も、ダーちゃんと一緒に
すごくがんばってくれたよ。
泣きながら&笑いながら、ダーちゃんの思い出話を
たくさん家族でしているよ。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 22:40 * edit *

ピピさんへ

お悔やみのコメント、ありがとう。
一緒に暮らす家族にとっては、本当に、
苦渋の決断だったと思います。
いなくなって辛いのは、それを決めた家族だから。
私は大丈夫。
泣きもするけど、ちゃんと立ち直れそうです。
悲しみは大きいけれど、泣いてばかりもいられないし、
ダーちゃんが大好きだった家族を守らないとね。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/10 22:45 * edit *

ゆきさんへ

お悔やみのコメント、ありがとうございます。

> こういう自分がダメだとか、嫌な感情を捨てようとか抑えようとか、そんなことは何も思わなくていいと思います。
> 全部、どれも、ダーちゃんからのプレゼントです。

この言葉、すごく嬉しかったです。
ダーちゃんからのプレゼントだと思うと、
気持ちが少し楽になりますね。。。
時間の経過とともに、いなくなってしまったのを
実感します。
寂しいけれど、与えてくれた沢山の幸せな思い出を
大切にしたいと思います。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/11 07:21 * edit *

ひじしめさんへ

お悔やみのコメント、ありがとうございます。
お葬式には、出て本当に良かったと思っています。
出ていなかったら、今も家族を憎み、深い悲しみしか
残らなかったと思います。
お葬式は、抜け殻を送り出すだけの儀式だと
思っていたけれど、残された者の心を、少しだけ
浄化させてくれるようです。
本当に、ダーちゃんはよく頑張ってくれました。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/11 07:25 * edit *

なゆぱぱさんへ

お悔やみのコメントありがとうございます。
あの決断をしなくてはいけなかった家族は、
本当に苦しく悲しかったと思います。
今も、まったく後悔がないわけじゃないと思います。

> まめ蔵ママさんとダーちゃんとのいい顔してますね。
> まめ蔵ママさんがそばにいてくれて嬉しかったんでしょうね。

ダーちゃんは、私にはあまり苦しい姿を見せませんでした。
家族が揃うと、苦しそうな中でも、とても嬉しそうな
顔を見せてくれました。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/11 07:27 * edit *

No subject

ダーちゃん、とても苦しかったでしょうが
最期は安らかなお顔で眠っているみたいだね。

虹の橋への旅立ちを見送ることができて
良かったね。
ダーちゃんは大好きな家族全員に見送られて
本当に幸せな最期だったと思うよ。

絶対に絶対にまた会えるよ。

ダーちゃんのご冥福をお祈りします。

チャオ #- | URL | 2010/05/11 11:36 * edit *

チャオさんへ

お悔やみのコメント、ありがとう。
最期のお顔は、本当にきれいで、かわいくて、
とても穏やかでした。
眠ってるだけに見えて、それが余計に悲しくも
あったんだけれど。
お葬式には、ちゃんと出て、良かったと思ってます。
抜け殻だなんて酷いことを言ったけれど、魂のない
その体も、愛しいものだものね。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/11 23:07 * edit *

No subject

はじめまして。
まめ蔵くんと茶々ちゃんの可愛さに
イヴままのブログから来ました。

お悔やみ申し上げます。

泣きました。。。
私も読みながら涙がとまりませんでした。
胸が締め付けられました。

膝の上で寝てる我が家の夢夢(むむ)を
さらに愛おしく感じてます。

まめ蔵ママさんの素直な気持ちを
ありがとうございます。

私も「虹の橋」読みます。

ムムポン #- | URL | 2010/05/12 08:09 * edit *

ムムポンさんへ

はじめまして。
せっかく訪問していただいたのに、
悲しい記事でごめんなさい。
そしてお悔やみのメッセージいただき
ありがとうございます。
亡くなってしまったことはとても悲しいけれど、
いま生きている命を大切にしなければという
思いが、今までよりも大きくなりました。
一緒の時代に生きているのって、すごいことですね。

まめ蔵ママ #- | URL | 2010/05/14 11:03 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://outigaichiban.blog49.fc2.com/tb.php/440-80017541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。